費用の問題と就職先、窓口は広い!

ヘリコプターのパイロットを目指す上で最もネックになるのが、やはり学費の問題です。事業用操縦士の免許を取得するためには実際にヘリコプターの操縦訓練も積まなければなりませんので、基本的には航空学校や専門学校へと通うことになりますが、その際にかかる学費は1000万円以上となります

 

勿論通う学校によっても微妙に費用は異なり、高いところだと1500万円前後のところもありますし、また数年間の生活費も考慮すると少し多めに見積もって2000万円程度は必要になると考えられます。しかしながらもしも免許を取得できたあかつきには、就職先もそれなりに選ぶことができますし、希少性の高い資格ですので収入も安定して高く、元を取ることはできます。

 

費用の問題のために多くの人々が夢を断念していることも事実ですが、近年では料金もできるだけ安く抑えられるようになってきているだけでなく、航空会社も奨学金のような制度を用意していることもあるなど、窓口は少しずつ広くなってきていると言えます。特に奨学金制度については、卒業後にその航空会社に勤めることを条件にされており、働き口まで用意されていると考えれば、かなり優遇されている制度と言えるでしょう。一時的に費用が発生しても後で回収可能なので、やる気さえあれば目指してみるべきです。

資格取得までの道筋は?

事業用操縦士免許の試験を受けるための条件が規定されているため、ふと思い立っていきなり受験したいと言ったとしても、まず受けさせてもらえません。それでは受験資格は具体的にどのようなものになっているのでしょうか。

 

ヘリコプターの事業用操縦士は、正式には回転翼航空機の事業用操縦士と呼ばれる資格となります。受験資格は、まず総飛行時間が150時間以上、35時間以上の機長としての飛行、出発地点から300km以上の飛行で、中間において2回以上の生地着陸をするものを含む機長としての10時間以上の野外飛行、5回以上の離着陸を含む5時間以上の夜間飛行、10時間以上の計器飛行、オートロテイションによる着陸、となっています

 

事業用操縦士の免許を取得する前段階として家庭用操縦士免許があり、こちらは受験資格もかなり緩和されているのが特徴です。したがって事業用操縦士免許の取得までの道筋としては、まずは専門学校へと進学し、次に家庭用操縦士免許の取得、そして最後に事業用操縦士免許の取得という流れになります。資格取得までにかかる期間は学校や本人の努力によっても異なり、最低でも2年から3年程度は必要であると考えておいた方が良いかもしれません。

事業用操縦士免許ってどんな資格?

天高く舞い上がるヘリコプターは、まさに自由の象徴。鳥のように自由に空を飛べるヘリコプターの操縦士は、多くの人々が憧れる職業です。そんな夢の職業に就くためには、やはり高いハードルが用意されていて、壁をいくつも乗り越える必要があります。ヘリのパイロットになるためにはヘリコプター操縦士の免許を取得しなければならず、この資格への挑戦が非常に難関です。

 

ヘリコプターの操縦免許は大きく分けて2種類、自家用操縦士と事業用操縦士があります。読んで字のごとく、自家用操縦士免許にて許されるのは自家用機の操縦事業用操縦士は報酬目的で飛ばす航空機の操縦となります。ただヘリコプターを操縦したいだけならば自家用でも良いわけですが、パイロットという仕事に就きたいのであれば事業用操縦士の免許を取得しなければなりません。操縦士の免許は国家資格であり、取得するためには国家試験を突破する必要があります。(参照サイト:ヘリコプター操縦免許 / Alpha Aviation

 

試験の難易度は難しく、18歳以上の年齢制限が設けられており、取得を目指すのならば専門知識を身に付けていかなければなりません。事業用操縦士免許の試験は学科試験と共に実技試験も設けられており、知識があっても実際に飛ばす技術を持っていなければなりません。

ヘリコプターの操縦士と必要な資格

誰もが憧れる空でのお仕事。飛行機やヘリコプターのパイロットは、自分で自由に空を飛ぶことができる夢のような仕事で、これを目指そうと考えている人も多いはずです。当然ながら誰もが自由にヘリコプターを操縦できるというわけではなく、この仕事に就くためには操縦士としての資格が必要となります。それでは、ヘリコプターのパイロットになるための資格とは、どういったものなのでしょうか。

 

ヘリコプター操縦士の資格は、「事業用操縦士免許」という資格となります。事業用操縦士免許は国土交通省管轄の国家資格で、取得をするためには国家試験を突破しなければなりません。ヘリコプターを操縦するだけならば自家用操縦士免許というものもありますが、こちらの場合は自家用のヘリコプターに限り操縦ができるという免許となり、お客さんを乗せて料金をもらうといった仕事はできませんので、この点も必ず覚えておきましょう。普通自動車の運転免許も第一種と第二種があり、お客さんを乗せて料金をもらうタクシーの場合は第二種が必要となるのとちょうど同じように、ヘリコプターの場合にも事業用の免許が用意されているというわけです

 

ヘリコプターの操縦士となり、実際に航空会社等に就職して仕事を開始するまでには、いくつもの壁を乗り越えていく必要があります。それでは、事業用操縦士の免許を取得するにはどういったことをこなしていかなければならないのでしょうか。当サイトでは事業用操縦士免許の資格取得するまでの流れについてご紹介していきます。