ヘリコプターの操縦士と必要な資格

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

誰もが憧れる空でのお仕事。飛行機やヘリコプターのパイロットは、自分で自由に空を飛ぶことができる夢のような仕事で、これを目指そうと考えている人も多いはずです。当然ながら誰もが自由にヘリコプターを操縦できるというわけではなく、この仕事に就くためには操縦士としての資格が必要となります。それでは、ヘリコプターのパイロットになるための資格とは、どういったものなのでしょうか。

 

ヘリコプター操縦士の資格は、「事業用操縦士免許」という資格となります。事業用操縦士免許は国土交通省管轄の国家資格で、取得をするためには国家試験を突破しなければなりません。ヘリコプターを操縦するだけならば自家用操縦士免許というものもありますが、こちらの場合は自家用のヘリコプターに限り操縦ができるという免許となり、お客さんを乗せて料金をもらうといった仕事はできませんので、この点も必ず覚えておきましょう。普通自動車の運転免許も第一種と第二種があり、お客さんを乗せて料金をもらうタクシーの場合は第二種が必要となるのとちょうど同じように、ヘリコプターの場合にも事業用の免許が用意されているというわけです

 

ヘリコプターの操縦士となり、実際に航空会社等に就職して仕事を開始するまでには、いくつもの壁を乗り越えていく必要があります。それでは、事業用操縦士の免許を取得するにはどういったことをこなしていかなければならないのでしょうか。当サイトでは事業用操縦士免許の資格取得するまでの流れについてご紹介していきます。