事業用操縦士免許ってどんな資格?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

天高く舞い上がるヘリコプターは、まさに自由の象徴。鳥のように自由に空を飛べるヘリコプターの操縦士は、多くの人々が憧れる職業です。そんな夢の職業に就くためには、やはり高いハードルが用意されていて、壁をいくつも乗り越える必要があります。ヘリのパイロットになるためにはヘリコプター操縦士の免許を取得しなければならず、この資格への挑戦が非常に難関です。

 

ヘリコプターの操縦免許は大きく分けて2種類、自家用操縦士と事業用操縦士があります。読んで字のごとく、自家用操縦士免許にて許されるのは自家用機の操縦事業用操縦士は報酬目的で飛ばす航空機の操縦となります。ただヘリコプターを操縦したいだけならば自家用でも良いわけですが、パイロットという仕事に就きたいのであれば事業用操縦士の免許を取得しなければなりません。操縦士の免許は国家資格であり、取得するためには国家試験を突破する必要があります。(参照サイト:ヘリコプター操縦免許 / Alpha Aviation

 

試験の難易度は難しく、18歳以上の年齢制限が設けられており、取得を目指すのならば専門知識を身に付けていかなければなりません。事業用操縦士免許の試験は学科試験と共に実技試験も設けられており、知識があっても実際に飛ばす技術を持っていなければなりません。