費用の問題と就職先、窓口は広い!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ヘリコプターのパイロットを目指す上で最もネックになるのが、やはり学費の問題です。事業用操縦士の免許を取得するためには実際にヘリコプターの操縦訓練も積まなければなりませんので、基本的には航空学校や専門学校へと通うことになりますが、その際にかかる学費は1000万円以上となります

 

勿論通う学校によっても微妙に費用は異なり、高いところだと1500万円前後のところもありますし、また数年間の生活費も考慮すると少し多めに見積もって2000万円程度は必要になると考えられます。しかしながらもしも免許を取得できたあかつきには、就職先もそれなりに選ぶことができますし、希少性の高い資格ですので収入も安定して高く、元を取ることはできます。

 

費用の問題のために多くの人々が夢を断念していることも事実ですが、近年では料金もできるだけ安く抑えられるようになってきているだけでなく、航空会社も奨学金のような制度を用意していることもあるなど、窓口は少しずつ広くなってきていると言えます。特に奨学金制度については、卒業後にその航空会社に勤めることを条件にされており、働き口まで用意されていると考えれば、かなり優遇されている制度と言えるでしょう。一時的に費用が発生しても後で回収可能なので、やる気さえあれば目指してみるべきです。